ツグトヨのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『J・POPSの金字塔』〜発売から33年、一瞬も色褪せない永遠の輝きを放つ名盤。

<<   作成日時 : 2013/03/05 12:52   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

最も国民の記憶に残るアイドル歌手・松田聖子の『最高傑作』。

もしくは『J・POPSの最高傑作』だと思います。

聖子のアルバムは1stの「squall」から、「アイドルのレコード」の常識を覆す完成度。

セカンド・シングル「青い珊瑚礁」で、アイドル・ソング上、邦楽最高の楽曲レベルに達していたと思います。

その後も進化し、職業作詞・作曲家から、松本隆氏が作詞&売れっ子シンガー・ソング・ライターが作曲というパターンがメインになりました。

決定打は呉田軽穂の登場でしょう。

松田聖子の最大人気曲「赤いスイートピー」で、男子受けする「ブリっ子アイドル」から、女子からも好かれる「国民的アイドル」になったと思います。


僕はこの歌詞に、ROCKを感じました。

聖子のアルバム・プロデューサー的立場でもあった松本隆さんも、この曲について、こう語っています。

「その当時、女子高生の性体験の低年齢化が、雑誌でやたら騒がれてた。『本物にそうなのかな?』と思って、あえて、この歌に登場するカップルを〈純情な男の子と女の子〉にしてみたんだ。」

「この歌が、聖子の曲の中でも、ずば抜けて人気になって、分かった。『あっ、マスコミが僕達を騙していたんだ!』とね…」
(ベストアルバム「風街詩人」より)


この瑞々しい、エヴァー・グリーン・ソングの他にも、このアルバムには、メロディアスで、本当に切なくスウィートな曲だらけ。

特に、財津和夫さんと、来生たかおさんの曲が素晴らしい!の一言。(「ラヴ・ソング」は隠れた超名曲!)

その後、「ユートピア」も傑作でしたが、後発のシングル曲の圧倒的な完成度の高さに、それ以後、発売されるアルバム収録曲が、「歯が立たない」状態になってしまった気がします。



ロックって、『歪んだ社会に対する異議申し立て』ではないのでしょうか?

「世間に刺激を与え、購買意欲を煽る、効果的な方法として、少女の性を取り上げる」、下劣なマスコミの世論誘導・自作自演記事。


今では、『原発利権の為ならマスコミは幾らでも嘘を付き、偽りの世論調査で国民を惑わし、ある程度の知識がないと洗脳されてしまうこと』を、多くの人々にバレてしまいましたが…

30年前から、(気がつきませんでしたが)酷かったのでしょうね…

時代は変わり、テレビ・雑誌では、女子中学生の性や、十代少女の援助交際についての記事が、溢れかえっています。

一体、マスメディアは何がしたいのでしょうか?

貞操観念のしっかりした日本女性の風習を破壊して、性に放開な欧米化を推進しているのでしょうか?(僕らの思春期の時代から、マスコミはデタラメのアンケート結果を作って煽っていたのでしょうけど)

これから、初めて恋をするような子達には、腐ったマスコミに惑わされず、自分の確固とした考えと、相手への気持ちを持っていて欲しいですね。


http://m.youtube.com/watch?v=2Z5zIFoGcg0&desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3D2Z5zIFoGcg0&gl=JP

『赤いスイートピー /松田聖子』
作詞:松本隆
作曲:呉田軽穂


春色の汽車に乗って海に連れて行ってよ
煙草の匂いのシャツにそっと寄りそうから

何故 知りあった日から半年過ぎても
あなたって手も握らない

I will follow you あなたに
ついてゆきたい
I will follow you ちょっぴり
気が弱いけど
素敵な人だから

心の岸辺に咲いた
赤いスイートピー

四月の雨に降られて駅のベンチで二人

他に人影もなくて不意に気まずくなる

何故 あなたが時計をチラッと見るたび 泣きそうな気分になるの?

I will follow you 翼の
生えたブーツで
I will follow you あなたと
同じ青春
走ってゆきたいの

線路の脇のつぼみは赤いスイートピー

好きよ 今日まで
逢った誰より
I will follow you あなたの
生き方が好き
このまま帰れない 帰れない

心に春が来た日は 赤いスイートピー

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『J・POPSの金字塔』〜発売から33年、一瞬も色褪せない永遠の輝きを放つ名盤。 ツグトヨのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる